ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

白馬、八方根スキー場店舗オープンしています!

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

今日は、あいにくの雪交じりの曇り空…

しかし、八方根は元気いっぱいですよ(^O^)外国人、特にオーストラリアの人たちでゲレンデは賑わっています。

今、八方根国際ゲレンデの登り口リフト乗り場道沿いでテイクアウトの店舗をオープンしています。

今シーズンは雪の到来が遅くなってしまいましたが、現在は絶好調の積雪で毎日多くのお客さんが

スキー、スノボーを楽しんでいますよ。

201911613119.jpeg201911613040.jpeg201911613013.jpeg

2019116132517.jpg

 

 

 

 

カラオケスナック壱幸 夜の雰囲気(^O^)

お世話になります。

今日は、スナックの夜の雰囲気をアップします。

先ずは外観から見て下さいネ‼

 

出入口は、北側にあります。

それでは、店内へGO→

おおまぴょんの玄関マットがお出迎え。

トイレは、輸入のフィギヤでお出迎え。

店舗いちばん奥には、ステージ、ちょっとスター気分で歌えますよ。

ドラムセットも

 

ありますので曲に合わせて演奏してくださいね。

下は、お客さんのオンステージの写真とメニューです。

他、季節に合わせたおすすめメニューもご用意してお待ちしております。

 

 

 

ご無沙汰していまして申し訳ありませんm(__)m

久しぶりにブログを更新します。

お陰様で昨年9月20日にカラオケスナック 壱幸をオープンすることが出来まして

1年が過ぎ、地域の皆さんのおかげで営業を続けさせていただいております。

少し、お店の紹介をさせて頂きます。

20181226214531.jpeg20181226214612.jpeg

国道147号線、大町市常盤信号機(はす向かいにセブンイレブンがあります)のかどに自宅横に隣接したところにお店があります。

出入口は北側にあります。カウンター7名、奥のボックスには10名位は座ることができます。

JR大糸線の信濃常盤駅から東へ徒歩3分のところにあります。

20181226215131.jpeg20181226215155.jpeg

毎週木曜定休で午後6時から12時までの営業となります。

DAMのカラオケシステムで音響には少しこだわっていますので気持ちよく歌っていただけるとと思います。

奥には小さいですが、ステージもあり、ドラムセットもありますので自由に演奏いただけます。

ご来店をお待ちしております。

先取り情報\(◎o◎)/!

自宅兼、事務所横にカラオケスナックを作っています\(^o^)/

完成したら、またアップしまーす。

201771411231.jpeg

移動販売クッキングカーリニューアル‼

移動販売車のリニューアルをしました。

たこ焼き、フライドポテト、富士宮焼きそばを新に追加販売できるようになりました。

2017714111155.jpeg

新米、ぞくぞく店頭へ‼

お世話様です。

やっと、新米が揃ってきました。

各店舗へ送り込んでますよ。是非、味わってくださいね。2016930114910.jpg

新米獲れました。

ご無沙汰していました。

台風が連続到来して毎日のように雨降りでうんざりしていましたね。

今日は久しぶりの青空が見えました。

農家の方も稲刈りが出来なくてイライラしていたと思います。

 

そんな時、少し前に刈り取った ゛【ゆめしなの】゛ はやどりの米の

乾燥、精米が終わり店頭に出せる状態になりました。

あきたこまち、コシヒカリ、ひとめぼれと次々に収穫されて

店頭へ出せる運びになります。来週中に入れ替えの予定です。

 

皆さん、美味しい新米を是非、味わってくださいね。

ごまの種類

ごまは薄味の精進料理や日本料理には欠かせない食材です。お粥や豆腐にごまをかけるだけでコクや香りが豊かになります。また、菜食料理に不足しがちな栄養を補えるので健康維持にも最適です。

ごまについて

2016628203442.jpg

ごまの正体を知っている方は少ないと思います。私たちが普段食べているごまは、「ごま」という植物の種子です。
ごまは白い花を咲かせる一年草で、約1mから2mの高さまで成長します。
種子は花の下にできる莢の中に詰まっており、8月になると収穫の時期を迎えます。

脂質やたんぱく質、食物繊維、ビタミンなどの栄養をバランス良く含んでおり、
中でもセサミンという成分は美容や健康維持に役立つと言われています。
ごまは日本ではほとんど生産されておらず、市場に流通しているごまの99%が海外から輸入されたものです

ごまの種類について

白ごま

白ごまは、粒が大きく油を多く含んでいます。癖のないマイルドな味なので様々な料理に使用できます。すりごまやペースト状にして白和え、ごま豆腐を作っても良いでしょう。

黒ごま

黒ごまの多くは中国やベトナム、ミャンマーといった東南アジアで栽培されています。香りが強くコクのある味が特徴です。おはぎやごまプリンなど、スイーツにもよく使用される食材です。

金ごま

金ごまは生産量が少ないため、希少性が高いことで知られています。粒は小さいですが、噛めば噛むほどごまの豊かな味わいが口いっぱいに広がります。香りが良いのでご飯にそのままかけて食べても良いでしょう。


いずれのごまも殻が硬いので粒のまま食べるよりもすりつぶして食べるほうが消化しやすくなります。
その他にも美味しい乾物やもち米を取り扱っております。

ケーキと合わせたい果物

ケーキは、スイーツの中でも圧倒的な人気があります。
また、誕生日や結婚式などのイベント事には、ホールケーキが欠かせない存在となっています。
こちらでは、ケーキの付けあわせやトッピングなどのアレンジに使えるフルーツをご紹介したいと思います。

りんご

りんごは、日本で流通している果物の中でもメジャーな果物です。
日本でりんごと言えば、青森というイメージですが、実は長野も全国2位の生産量を誇っています。
りんごの栽培には冷涼な地域が向いていると、信州や東北地方での栽培が推奨されてきました。
酸味と甘味のバランスが良く、食べ応えがシャリッとした食感であり、温かい調理法にも冷たい調理法にも汎用性が高いという、魅力あふれる果物なのです。
また、比較的安い金額で入手できるためアレンジの食材としても魅力的です。
生のまま添えても良いですし、煮詰めてジャムにして使用したり、砂糖煮のりんごを載せたりんごケーキにしてもおすすめです。

ぶどう

ブドウは山梨、長野で生産が盛んなフルーツで、つる性の落葉植物です。
耐寒性・耐暑性共に、平均以上であるため、夏暑く冬寒い地域でも栽培が可能な果物になります。
ブドウには、果皮に豊富なポリフェノールが含まれていて、果皮の部分は程よい渋みと酸味がとても爽やかです。
その果皮を含めた果実部分の甘味はケーキとの相性も抜群です。

かりん

かりんは、見た目がレモンのようでありながら、バラ科の植物としてりんごに近い果物です。
長野が生産量1位を誇る果物で、耐寒性も強く長野のような高原の地域で育てるのに適しています。
果実酒や砂糖漬け、陰干しした果実は、日本でも古くから用いられてきました。
のど飴でも、カリン味はとてもメジャーだと思います。
リンゴのような甘味と酸味が優しい果物で、ケーキと合わせて食べたり隠し味として生地に混ぜても美味しくいただけます。


最近では、全国各地からおいしいと評判のケーキをお取り寄せすることができます。
上記で紹介したフルーツが使われているケーキや、プレーンなものまで様々なケーキがありますので色々探してみてはいかがでしょうか?
当店でも、信州安曇野のホールケーキやロールケーキを取り扱っております。
長野で有名な、ブルーベリーを使用したケーキもございます。
信州の味を、ぜひご賞味ください。

もち米を活用しよう

私たちが普段食べているお米は、うるち米という種類のお米です。
たまに、もち米とうるち米を同じ米だと勘違いしてしまう方がいらっしゃいますが、この2つにはちゃんとした違いがあります。
うるち米のデンプンは8割が粘り気の強いアミロペクチンで、残りの2割はアミロースという粘り気の弱いデンプンです。
それに比べて、もち米のデンプンは全てアミロペクチンで構成されているため、うるち米よりも粘り気が強いお米になるのです。
こちらでは、そんなもち米の家庭ですぐに実践できる使い方についてご紹介します。

うるち米と混ぜて炊く

いつも食べているうるち米にもち米を混ぜて炊くと、米粒にツヤが出てモチモチした食感のご飯が炊けます。
スーパーで手に入れたお米が、あまり美味しく無かったという時には、もち米を混ぜて炊いてみてください。
全体量の1割程のもち米を混ぜるだけで、ぱさついていたお米でも美味しく食べることができます。
もち米を混ぜて炊く時は、水の量をいつもより少し減らすようにするのがおすすめです。

おこわを作る

おこわを作るなら、もち米を洗った後30分ほど水につけ炊飯器で炊きます。
もち米は吸水率が高いため、時間が長過ぎると炊く前にお水がなくなってしまったり、やわらかくなりすぎたりしてしまいます。
また、炊飯器を使う場合と蒸し器を使う場合でも吸水時間の目安が変わるので、それぞれの環境に合わせるようにしましょう。
炊飯器にもち米を入れ、人参・しいたけ・鶏肉などの食材と調味料を入れて炊けば、おいしいおこわが出来ます。
おこわに使う食材は、自分の好みに合わせてアレンジできるので、色々な味を楽しむことができます。
たけのこや栗、山菜など、一定の時期にしか食べられない季節の食材を使えば、四季を感じる食卓にすることができます。

簡単おはぎを作る

炊いたもち米をボウルに入れ、すりこぎ棒でついて粘りを出します。
米の粒が目立たなくなってきたら温かいうちに丸く成形して、きな粉やあんこなどのお好みの味を付けます。
これだけで、おはぎが完成です。
色々な食べ方を試してみてください。


いかがでしたでしょうか?
もち米は意外と簡単に使うことができるので、ぜひ実践してみてください。
長野のもち米でしたら、当社でも信州安曇野産をご用意いたしております。
各店舗にて販売いたしておりますのでお気軽にご利用ください。

ページ上部へ